今年度の締めの太子講です。


30年は大森大工が一年間お預かりして、太子さまに感謝し供養をいたします。宿が当たる年は仕事が増えると言われています。

昔はこぞって親方連中が宿を求めたそうです。つまりは順番待ちでした。

 

 

 

 


コメントを書く







コメント内容