昔から三間張りはカッコイイ!

一階と二階の構造材ですが、よく見て下さい、主柱が一階と二階の位置が違います。梁は三間張りですが一階は8畳間にしてあります。こうする事で外観の入母屋造りの意匠性が良いし(昔から三間張りはカッコイイと言います)一階和室は広く使えます。また、欅の柱も3mで済むので、狂いや施工性や予算にもやさしい。まさに理にかなった工法ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です