荒壁とダンパー


 

荒壁を大切に第二段ですが、滋賀ではよく見かけるヨシの壁下地です。

古民家はほとんどがヨシで編みます。屋根もヨシ葺きですね。これはびわ湖にヨシが豊富に生息していたからだと思います。

ヨシとびわ湖の生態系とは切っても切れない関係です。我が母校びわ中学校でも「ヨシいけドンドン作戦」と言って、毎年中学生がヨシを植えてくれてます。昭和25年頃になって壁下地は、竹が使われるようになりました。

今回はヨシと竹の混相です。ここに   ダンパーですから、時代は進化しています。

 

 


コメントを書く







コメント内容