つしの煤竹を磨く!

忍耐力と技術の両立が出来ないと、上手く生きません。朝早くから頑張ってくれてます。

大森大工の自慢のひとつです。

古民家の何を生かし、今の良いものを取り入れるか、きわどい選択ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です