移築

今回は伝統工法(丸太組み)の基本中の基本?マシンカットでは出来ない加工。

一階床をこし、二階床を二階こし、屋根は峠(とうげ)(地域によって言い方が違います)と
それぞれ基準がある。
二階の管柱ですが、桁下場が曲がっています。
よって長さが違ってくることは、写真で良く分かると思います。

峠を基準に長さを決めて、上下(かみしも)の「くせ」をひらい、次にひかりをひらいます。
三本とも同じことの繰り返しでOK。折置組みが分かりやすく見えたので出しときます。

もう一枚は牛木ですが、ここには通し柱は立てたくない!って時に使う工法です。

面白いのはこのままの組手で、神奈川県に移築する。

しかも間取りは自由設計です!素晴らしい事業の始まりですね~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

職人の仕事

次の記事

古材