鉄骨と再築

先日、古民家を解体中に鉄骨と遭遇しました。

通し柱は桧、ササラは米松で梁がCチャン合掌作りです。荒壁を残しきっちり仕事が出来ています。
この時代には理にかなった工法だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

竹生優庵

次の記事

未来の棟梁