古民家宿【片原楽家】

古民家宿(片原楽家)の再築工事が始まりました。
まずは総合調査(古民家鑑定、床下インスペクション、耐震診断)を行います。
特に耐震は平面計画図を地域の再築士さんに設計頂き、それに基づき耐震ダンパーと耐力壁の工事となります。
残念なのは簡易宿泊所の為、面格子パネルを取り付ける場所がなくダンパーとなったこと。しかしこれで仕上げれば評点1.0はクリアでき、県内の古民家や軸組工法の住宅にとって、耐震問題解決に大きな一歩と考えます。また古民家再生協会独自の遣り方でも、市町の耐震補助金獲得のテーブルに乗れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です