「近江古民家」移築事業

「近江古民家」移築事業の刻み仕事のお話しです。

地松古材を刻み中ですが、何が何だか分からんがね!
教える村田大工さんも違った視点で勉強になるそうだ。

古材はかならずねじれています。
バラしてからそのまま組む事は、ほぼ不可能なのです。
もう一度「ねじれをぬく」作業が必要です。

頑張れ~!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

家史 -ieshi-

次の記事

珍しい丸太組み