古材

今回は改めて、「古材」の良さを実感したお話しです。

古民家から取り出した床板と、玄関腰板によく使う工法の鎧張りです。

古民家で見ていると何でもない汚い板にしか見えませんが、
水で良く洗うと素晴らしい趣きのある板に生まれ変わる!

改めて「古材」には価値がある!!

この後どう生かすかは、棟梁の腕の見せ所です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

古民家再築工事