伝統工法


大守神社、勢観堂はこう梁の眉書きです。
桧ですが逆目がおきない様に慎重に!慎重に!そして正確にです。
また材とのバランスも大切で、ほぼ完璧に仕上がりました。
しかし、これだけの道具を揃えるのはお見事!!

 

 


コメントを書く







コメント内容