鳶工事

母家に引き続き、書院も母家と床高を合わせます。
第二期工事の始まりです。

今回の特徴は、基礎はそのままで家自体を持上げます。
基礎を気にしなくても良いので、ばん木やジャッキの位置など、気を使わなくてすむので大分楽ですね。

今有るものを上手に生かす!職人の原点だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です