近江古民家 移築再生事業 途中経過

近江古民家 移築再生事業の途中経過をお伝えします。

手バラシ解体から新設計に合った「刻み加工」についてですが、全体ではほぼ終了しました。

100年近く経過した構造材の古材は、ねじれ、しゃく身、そりなど、狂っているのが当たり前。
もう一度、組手を正し、採寸し直して、新設計の住宅に仕上げます。

土台や垂木、裏板等は、国産新材を使用し、耐久年数を上げます。

少し動画を撮りましたので、参考にして下さい。
→Facebookのページへ移動

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です